【築古マンションリノベーション】ビフォーアフター 間取り紹介

2020年1月、都内駅近の築古激安マンション50㎡を購入、リノベーションが2020年4月に完成。もともと3DKだった部屋を1LDK+WICにリノベーションしています。

今回はBefore & Afterを図面をつかって間取りの紹介をします!

Before&Afterの写真は、以下の記事で紹介しています!

間取り ビフォー

こちらは、購入した中古物件の間取り図です。

もともとは昔ながらの3DKでした。

玄関を入ると廊下があり、横にはトイレ・風呂などの水回り、反対側には洋室があります。

廊下を抜けるとダイニングとキッチンがあります。

その奥に襖で仕切られて、洋室と和室が一室づつ、和室には押し入れがついているという間取りです。そして、洋室と和室からは、南向きのテラスと専用庭に出ることができます。

お風呂は小さく、洗面台が風呂の中にありました。

ひらえみ
家全体の形は良いんだけれど、もっと広いLDKがいいなぁ~。 キッチンは憧れの対面式にしたい!
風呂好きの私たちにとっては、大きな浴槽がマスト!洗面台も独立洗面台にして収納を増やしたいな~。
のぶ

間取り アフター

こちらは、リノベーション後の間取り図です。部屋をイメージしやすいよう、家具の配置も書き込んでいます。

リビングダイニング

和室と洋室の間は壁を取りはらい、3DKを1LDK+Wとしました。壁を取り払ったことにより、明るく、空間に広がりのあるリビングダイニングに

リビングに設置した本棚は無印良品の裏板のないもので、空間を柔らかく仕切っています。

また、本棚の裏にカーテンレールをつけて、カーテンを閉めれば空間を分けられるようにしました。コロナのテレワークの関係で、書斎へと変貌しました。分割できるようにしておいて本当に良かったです。

ステイホームで子供がいても、なんとか仕事スペースを確保できて、助かりました。。
のぶ

もともとあった押し入れは取り払って、ウォークインクローゼットとし、収納力をUPさせました。

キッチン

アイランドキッチンにしながらダイニングとのつながりができるようにプランしています。水栓もダイニング側に向けることで、ダイニングを向きながら、大半の作業をできるように。

アイランドキッチンの間の寸法はショールームに行ったりしながら考え抜きました。

ひらえみ
子供をみながら、料理ができるようになって、本当によかったです!

寝室

寝室の部屋の形はきれいで、想定したクイーンベッドも入りそうだったので、コストも考えて、最低限のリノベーションにしようということで、間取りは変えませんでした

浴室・トイレ

浴室はこだわって、部屋全体の㎡数に対しては大きめのものをいれました(1,600mm×1,600mm)。

かぎられた面積を最大限利用するために、トイレと洗濯機の空間を一部屋にしています。海外ではよく見る間取りですが、トイレに洗面台を付ける必要がなくなりますし、廊下にドアが少なくなり、すっきりとした廊下になります。

独立洗面化粧台も大きなものを入れています(幅1,900mm)。

お風呂・洗面台・キッチンなどの水回りは、既製品を入れることになります。寸法が決まっていますので、ショールームで希望の大きさを選んでください!
のぶ

まとめ

壊せる壁・水回り・窓をチェックして、リノベーションで変えていくことが可能です。
一緒に勉強をして理想の住まいを作りましょう!

ひらえみ
最後までよんでいただき、どうもありがとうございました。

© 2021 リノベーション大学 Powered by AFFINGER5