【築古】中古マンションリノベの自宅を紹介!

今回は、中古マンションリノベを行った、自宅を紹介します!

ひらえみ
2020年1月に築39年のマンションを購入、2020年4月にリノベーション完了。 もともと3DKだった部屋を1LDK+WICにフルリノベーションしました。

リノベーションを選択した理由

賃貸も、新築マンションも希望をすべて叶えようとすると高すぎる!

子供が生まれる!広い家が必要だ!!ということで、新生活に期待を膨らませつつ賃貸マンションを探す日々。

でも、希望がかなう部屋ってなかなか見つからない。。

私たちの要望ですが、

  • 広いリビング
  • 広いきれいなキッチン(ちゃんと料理したい)
  • きれいな水回り
  • 寝室は必要(もともとワンルーム暮らし・・・)
  • 職場から近い都内(主要駅から10分ぐらいが良いなぁ)
  • 最寄り駅からは近いほど良いなぁ。

この辺りをかなえる賃貸物件、ものすごい高くて(月20万円以上もザラ・・・。)なかなか手が届かないんですよね。

最近高騰を続ける新築マンションで探そうものなら、億の大台にのりそうな数字。。。。

興味本位で激安築古マンションを見学

妥協をするしかないかなぁと沈んでいた時、不動産屋から紹介された購入用の激安築古マンションの一部屋。

当初購入するつもりはまったくなかったのですが、面積十分、立地最高、価格もいいぞ!!ということで、とりあえず見学してみることに。

現地に行ってみると、まだ前の方がお住まいで、そこは生活感あふれる使い古された新生活のイメージとは程遠い部屋。。

のぶ
これは、ちょっとキビシイかな・・・

難しい顔をしていると、不動産屋さんから

「室内ならなんとでもなりますよ、普段から付き合いのある工務店、紹介しますよ」

とのご提案。

半信半疑でしたが、その工務店さんが工事をした現場が見られるとのことで見学させもらいました。驚くことに、そこは新品同然のお部屋。リノベのお値段聞くと、そちらもかなりお手頃。

間取りとか、使い勝手とか、色の趣味とか言いたいことはたくさんあったけど、その辺りも聞いてみると、全部対応可能とのこと。

  • 間取りも自由自在
  • 使い勝手もこだわり放題
  • 好きな色、選び放題

これなら可能性があるかも・・・と思い立ち、

「中古築古マンション✖工務店リノベ」で我が家のリノベーションが始まったのです。

完成した部屋はこちら!

完成した部屋をご紹介します。

ひらえみ
今回は、特にこだわった、リビング・ダイニング・キッチン(LDK)とお風呂・トイレ(水回り)をご紹介

LDK

Before


もともとは昔ながらの3DK。部屋からはキッチンダイニングの様子はあまりわからない状態でした。キッチンもかなり使い込まれたご様子。

After

対面キッチンにしながらダイニングとのつながりができるようにガラスでコンロ前を作っています。水栓もダイニング側に向けることで、ダイニングを向きながら、作業をする時間を増やすように。

アクセントカラーのブルーグリーンのタイルは夫婦のお気に入りの色。ベトナムのバッチャン村から輸入しました。キッチンの落ち着いた石調、軽いのフローリングを合わせながら選ぶのも楽しかったです。

置いてある家具は、ほとんどニトリ+ジェネリック家具(版権が切れた有名デザイナーの格安品)でローコスト
のぶ

水回り

Before


中古物件を買った時には見るに耐えない状況・・・。洗面台もお風呂の中。

After


かぎられた面積を最大限利用するために、トイレと洗濯機空間を一部屋に。海外風。
独立洗面化粧台も大きなものを入れることに成功。

アクセントクロスも取り入れて奥行きある空間にしました。
床タイルもキッチンのタイル同様、ベトナムより直輸入を実現しています!

目指していた、

  • 広いリビング
  • 広いきれいなキッチン(ちゃんと料理したい)
  • きれいな水回り

あたり、かなり思い通りのものができたかと思います。
また、ここだけでなく、建物内はほぼすべてまるごと改装しています。

気になるリノベーション代、いくらかかった?

基本情報

  • 占有面積は、50.1㎡(15.15坪)で、さらにテラス3.85㎡、専用庭7.7㎡。
  • 築38年。
  • 管理費+修繕積立金2万円/月
  • 場所は都内23区内、都内主要ターミナル駅より電車で約5分、最寄駅からは徒歩5分。

これで、価格は、

費用はマンション購入価格 1520万円(100万円/坪)
リノベーション費用 590万円(39万円/坪)

合計 2110万円!(139万円/坪)

いかがでしょうか?

よく見る新築マンションの広告、最近増えたリノベーション済みマンションの広告、絶対にこの価格で売り出しているものはないと思います。

立地などで一概には比較できませんが、最近の新築マンションの相場では東京23区内平均400万円/坪程度で推移しているので、いかにこの金額がリーズナブルかわかるかとおもいます。

新築と同じようにローンを組んだら、月々の支払は?

たとえば、25年ローン支払いで計算してみましょう。

借入額2110万円、借入期間25年、金利0.475% (MUFJ変動)で、74,605円/月です。

ここに管理費と修繕積立金20,000円/月を加えて、

94,605円/月です!

その後、物件は再度売り出すことも可能です。 東京都内、駅近、思い通りの部屋で10万円以下!
のぶ

どうでしょう、築古マンションリノベーション、気になってきませんか?

結び 築古マンジョンリノベを実現するために

魅力的な立地、そしてなぜこの価格で納得のいくリノベーション住宅を実現できたのか?

そのひとつの答えは、「リノベーション前の中古マンションを購入し、工務店とリノベーションを進める」ということにあります。
これが安く、自分の理想の家をGETするポイントです!

全ての部分に自分の好きなものを入れて空間を創り上げていくこと、これ以上に楽しいことはありません!

しかし、難しい点もあります。

リノベーションが難しい理由

  1. 住宅展示場やマンションモデルルームのようなものが存在しない
  2. 実現までのイメージを先導してくれる営業マンがいない
  3. リノベ手法を体系的に取り扱う書籍も少ない(無い?)
  4. ましてや義務教育でも教えていないので、基礎知識はほぼ0

逆に言えば、

住宅という絶対に必要な物に対して、その知識がない状態で戦いを挑み、
やり手の営業マンの給料や華美なモデルルームの建設にお金をたくさん払っていた

ということになります。

これを解決するためには「完成までの明確なイメージ」が不可欠です。

適正価格で自分の理想のリノベーションを実現するには、家を買う、ということは人生に何度も経験することではないので、
難しく捉えられがちですが、やることが分かり、知識をつければ必ず誰にでもできます!

住宅は人生で最大の買い物です。一緒に勉強して理想の住まいを手に入れましょう!

© 2021 リノベーション大学 Powered by AFFINGER5