【中古物件購入】間取りはここをチェック! - 窓編-

今回は、リノベーションを前提として中古物件を買う際、間取りでチェックすべき箇所のひとつ、「窓」について解説します。

間取りでは、壁、水回り、窓の3点をチェックしてくださいね。

  • 壊せる壁と壊せない壁を見分けること
  • 水回りの位置を詳細に把握すること
  • 窓のある位置を把握すること
ひらえみ
なぜこの3点のチェックが重要かは、下記の記事で解説しています。合わせて確認してみてください!
【リノベ向き中古マンションを見分ける方法】間取りのチェックポイント3つ

2020年1月、都内駅近の築古激安マンション50㎡を購入、リノベーションが2020年4月に完成。もともと3DKだった部屋を1LDK+WICにリノベーションしました。 今回は間取りにスポットを当てて、我 ...

続きを見る

窓の機能ってなに?

窓は追加や場所を変えることが難しい物です。

窓は専用部分(マンションを買った人のもの)と思われがちですが、共用部分(マンション全員の共有財産)です。つまり、窓の位置は新築の時に決まってしまい、リノベーションでは変えられないのです。

チェックするのは、「採光」と「換気」です。

採光はお分かりいただけると思いますが、最近はコロナの関係で、換気の重要性も言われています。

リノベーションによって、部屋の形を変えようと考えている場合は、リノベーション後の間取りを想像して、 各部屋で採光・換気が十分にとれるかチェックしましょう。
のぶ

採光が十分にとれる窓とは?

採光としては、南向き>東向き≧西向き>北向きの順番で望ましいとされています。

西向きと東向きの採光条件はほぼ同じですが、やや東向きの方が好まれます

南向き 太陽高度が高い夏には日が入りにくく、太陽高度の低い冬には日が入りやすい絶好の方角
北向き 一年中日が入らず、採光の面では最も望ましくない方角
東向き 西向きと採光条件はほぼ同じだが、気温の低い朝に日差しを感じることができる方角
西向き 東向きと採光条件はほぼ同じだが、暑くなりがちな夕方の日差しが入る方角

さらに、北側を除いた各方角の窓にバルコニーや専用庭がある場合、さらに日差しの条件が良くなります。

南向き>東向き≧西向き>北向きを意識してみてください。

過ごす時間の長いリビングは南向き、寝室は朝日と共に起き流ことができる東向きであると、とても良いです。
のぶ

 

換気が十分にできる窓とは?

コロナで注目される換気ですが、生活に必要なとても重要な要素です。

換気の役割

・室内にこもる湿気の除去、結露の防止
・壁紙などから出る化学物質による疾患、シックハウス症候群の防止
・匂いや汚れた空気、埃、ウィルスの除去

窓が開かない場合には換気扇を使って換気をすることになりますが、
築古マンションでは十分な換気の計画がされていないものが大半なため、窓開け換気に頼る必要があります。

通常、換気扇が設置されているトイレ、浴室以外には窓が配置されているべきです。

理想的には、マンションの部屋の対角線上に窓が配置されていることです。風は基本的に一方向に流れます。

対角線上にある窓を両方開けると、部屋全体に風が流れ、スムーズに空気の入れ替えが完了します。

ひらえみ
家の片側にしか窓がない場合は、風が部屋の奥まで届かず、換気が十分に行われない可能性があります。

リノベーションで、部屋を増やそうと考えている場合は、各部屋に窓があるほうがベターです!
のぶ

まとめ

以上、採光と換気という観点から、窓が設置されているのに望ましい条件とは、以下のとおりになります。

ポイント

・全ての部屋(トイレやお風呂を除く)に窓があること
・リビングには北向き以外(南が望ましい)の窓があること

壁、水回り、窓、と間取りのチェックポイントをすべて見てきました。検討物件は、理想の間取りを実現できそうですか?

リノベーション後の間取りがみえてくると、わくわくしますね!
のぶ

© 2021 リノベーション大学 Powered by AFFINGER5